YONEYAのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「ピート・ヘイン・イーク」っぽいフォトフレームを作った。

工作ネタを1つ。

先日画材店でちょっと遊べそうな木枠を見つけたので「フォトフレーム」を作ってみました。

fr16.jpg


材料は「木枠」、100均で買った木製のポストカードフレーム、1800×60mmの杉材。
全部で¥1000もかかりません。では工程を。
fr.jpg

まずは杉材を木枠に収まるサイズにカット。

fr2.jpg

カッターとドライバーなんかで適当に傷をつけ古木風に加工。
杉は柔らかいので加工もラクチンです。

fr4.jpg

木枠に収めたら、フォトフレームの位置を決めて・・

fr5.jpg

ボールペンでなぞって・・

fr6.jpg

ひたすらカット。 ここらで面倒になって結局「ジグソー」を使いました。
手ノコは疲れる・・。

fr7.jpg

ここまでくればあとは塗装のみです。

fr9.jpg

この手の塗装には「ミルクペイント」が一番です。
ビンテージライクな色合いが良いですし、天然顔料なので安全。イヤな匂いもないので作業が楽しいです。
どこのメーカーでも良いのですが、私は「Old Village」をよく使います。
まずは下地に「ホワイト」。

fr10.jpg

乾いたら「クラックペイント」を塗ります。ちなみに無色です。

fr11.jpg

「クラックペイント」がある程度乾いたら、ひび割れさせたい色を一方向に塗ります。

fr12.jpg

チマチマ塗ってはいけません。折り返してもいけません。繊細かつ大胆に一方向!

乾くのを待ってられないのでドライヤーで乾燥。経年劣化のようなひび割れができます。

fr13.jpg

このままだと「いかにも」な感じなので、乾燥後にヤスリをかけるとより良い雰囲気になります。

fr14.jpg

バランスを見ながら各パーツごとに色を塗り分け、やすりをかけ・・。

木枠は「オイルステイン」今回は「Walnut」カラーで仕上げました。これも「Old Village」がペースト状で使いやすいです。

各パーツを木枠に木工ボンドで接着し、裏にドリルで適当な穴を突き抜けない様に開ければ完成です!

fr15.jpg

フォトフレーム部ははまっているだけなので写真の入れ替えもOK。

fr18.jpg

fr17.jpg

ちょっと「Piet Hein Eek」っぽいフォトフレームになりました。

休日の工作も楽しいですよ。みなさんもいかがでしょうか?



tmvs.jpg
General Store YONEYAは近日新作Tシャツ入荷です。お楽しみに!

スポンサーサイト


  1. 2012/06/29(金) 23:41:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。